6. 電波のゆらぎを用いた秘密鍵の生成と盗聴

無線LANや携帯ゲーム機など比較的近距離でも無線通信が
使われる場面が増え、今後さらに無線通信は使われていくことでしょう。
しかし、無線通信は電波を周囲に放射しており、誰でも傍受が可能です。
盗聴防止のため暗号化が施されていますが、現在の暗号化では将来的に
スペックの高いパソコンにより暗号化が解かれてしまいます。
原理的に「電波のゆらぎを用いた秘密鍵の生成法」ではパソコンの性能が

いくら上がっても暗号化が解かれることはありません。

当研究室ではより安全性の高い秘密鍵の生成法と、全く新しい秘密鍵の
盗聴方法の研究を行っています。
基本的にはシミュレーションによる検証を行っています。
        わかりやすい秘密鍵のポスター(PDF)