研究室紹介

電磁波は身の回りに非常に多く存在しています。情報伝達に使われる電波だけでなく、太陽光や身体から発する熱も電磁波の一種です。本研究室では特にマイクロ波・ミリ波技術をもとに、海底探査機や水中ドローン、建物や工場内の危険な場所におけるヘルスモニタリング用センサへのワイヤレス電力情報伝送を研究しています。また、情報通信技術を応用して動画や画像など大容量のデータを伝送するための次世代ワイヤレス通信回路も開発しており、安全で安心な真のユビキタス社会の実現を目指しています。

    

Latest Featured Project

Fabricated by Kousuke MURAI


Fabricated by Kousuke MURAI


水中ワイヤレス電力情報伝送

海洋資源探索へ貢献するため、海中に探査機用の給電ステーションを設け、ステーションへは有線で、探査機へはワイヤレスで電力を給電する技術の確立を目指しています。私たちは構造がシンプルで、かつ漏洩の少ない電界結合を使った水中でのワイヤレス電力・情報伝送システムの開発を進めています。この際、kWオーダーを超える大電力による充電が必要となるため、大電力・高電界下での淡水・海水の電気特性を明らかにする研究も進めています。

View The Full Project »

What's New!

  • 2021.04.13. 新B4が配属になりました.
    2021.03.23. M2 藤井くんがIEEE Nagoya Sectionより
          Excellent student Awardを受賞しました.
    2021.03.23. B4 赤井くんがIEEE Nagoya Sectionより
          Excellent student Awardを受賞しました.
    2021.03.11. B4 赤井くんが電子情報通信学会総合大会
          で研究成果を発表しました.
    2021.03.08. 海水中ワイヤレス電力伝送の研究成果
          EMIRAに掲載されました.
    2021.03.05. 高専連携教育研究プロジェクトによる
          小山高専大島研究室との共同研究成果が
          マイクロ波研究会で発表されました.
    2021.02.19. M2 藤井くんが修士学位論文本審査にて
          優秀特別研究発表賞を受賞しました. 2021.02.04. 海水中ワイヤレス電力伝送の研究成果が
          IEEE transaction on MTTの
          Popular Documents - January 2021に
          入りました.
    2021.01.26. 海水中ワイヤレス電力伝送の研究成果
          東日新聞に掲載されました.
    2021.01.17. 海水中ワイヤレス電力伝送の研究成果
          財経新聞に掲載されました.
    2021.01.14. 海水中ワイヤレス電力伝送の研究成果
          ELE Timesに掲載されました.
    2021.01.14. 海水中ワイヤレス電力伝送の研究成果
          中日新聞に掲載されました.
    2020.12.11. 海水中ワイヤレス電力伝送の研究成果
          IEEE transaction on MTTに
          採録されました.
    2020.12.04. M2 藤井くんの研究成果
          IEICE transaction on Electronicsに
          採録されました.
    2020.11.30. OB 仲くんが
          ComEX Top Downloaded Letter Award
          受賞しました.
    2020.11.26. M2 松上くんの研究成果
          IEICE Communications Expressに
          採録されました.
    2020.10.05. B3が早期研究室配属されました.
    2020.09.02. M2 宍戸くんがRFIT2020で
          研究成果を発表しました.
    2020.07.13. OB 仲くんの研究成果
          IEICE Communications Expressに
          採録されました.
    2020.06.01. OB 二村真司くんが
          電子情報通信学会東海支部より
          学生研究奨励賞を受賞しました.
To The Top